先週Facebookにてぬぐいの型紙制作行程をチラリと載せましたら
一部の方(正確には一人)にご好評いただきまして、
せっかくですから最初からご紹介しようかと思います。

ちなみに・・・初めて染めのてぬぐいを作ったのが2009年。
その時に3種類作ったので、以来毎年3種類作るようになってます。
2011年からその3種類がシリーズ化。この年は忍者シリーズでした。
2012年から型紙を自分で彫るようになりまして、今に至ります。

b0170277_9403428.jpg
そんなわけで、ウンウンと
唸りながらネタを考えます。
3種類考えるのって
なかなか難しい・・・
落書きしながら考えます。



b0170277_9405735.jpg
図案が決まったら
ビシッと清書して
パソコンに取り込みます。



b0170277_9411859.jpg
そして、90×36センチの原寸大でデザインします。
これがそのまま下絵になるんですね。
配色もいろいろと試します。
画像ソフトって便利ですねぇ〜

この図案をプリントアウトして
下絵として型紙に貼ります。
このために、プリンター買い替えるとき
A3サイズがプリントできる機種にしました。

と、ここまでが下絵ができるまで。
あっさりと書きましたが、一番時間がかかるのは
ウンウン唸って図案を考えている所です。
なにせ、1年越しですから・・・



次回は型紙制作編。
お楽しみに。




晴三Website
晴三Facebook
晴三Twitter
[PR]
# by haruzo_g | 2015-04-08 10:00 | てぬぐい